【実体験】SESの会社に未経験でエンジニアとして就職したけど、質問ある?

ses-inexperienced-topSES

いきなりですが、筆者はSESの会社に未経験でエンジニアとして就職したことがあります。

SES」というのは、今でこそ分かりますが、

未経験だった当時、全く知らないし&よく分かりませんでした。

今回は、同じような境遇の人向けに「SESに未経験で就職するとこうなるよ」ということを、

自分の経験から例として紹介したいと思います。

筆者の簡単なプロフィールはこちら。

SES企業とは?

そもそもSES企業とは?みたいな人もいるかと思います。

そのため、まずは説明から。

簡単に説明すると、「エンジニアの派遣」とイメージしてもらえると。

SESは厳密には「派遣契約」ではなく「準委任契約」になります。

イメージしやすいようにここでは「派遣」という言葉を使っています。

以下がSESの仕組みを図解したものです。

SESの仕組み

SES企業にエンジニアとして就職した場合の流れは、

①SES企業に社員として就職する。

②エンジニアを欲している企業Aに①で就職した社員を派遣する。

③SES企業は企業Aからお金をもらう。

と、こんな感じです。

見ての通り、SES企業にエンジニアとして就職した社員は、就職した会社で働かずに、派遣先の企業で常駐して働くことになります。

ここが個人的に一番驚いた部分でした。

もちろん、派遣先によって使っている技術が異なります。

そのため、業務内容も派遣先が変わるたびに変わります。

常駐とは、派遣先の企業で1日働くこと。

SES企業の場合、自社に帰ることはほとんどないです。

自分は、この仕組みを知らずに就職しました。

当然ながら、就職した後「あれ?この会社ではたら書かないの??」となり衝撃を受けました。

(「知っとけよ」ということではあるのですが。)

SES会社に就職しようとしている人は、是非知っておいて欲しいです。

SES企業への就職は難しい?

自社開発企業と比較すると、SES企業は断然就職しやすいです。

(僕もITド素人でしたけど、就職することができました。エクセルすらほぼ触ったことがないレベル。)

自社開発企業に未経験で就職しようとすると、レベルの高いポートフォリオを作成することが今や当たり前です。

逆にSES企業では、ポートフォリオが要らない会社も結構な数あります。

「IT未経験募集!!」みたいに大々的に募集している会社のほとんどはSES企業です。

(自社開発企業に就職したい!と思っている人は注意が必要。)

未経験でSES企業に入ったらどんな業務につけるの?

未経験の人にとって、ここが気になるかと。

正直、未経験の人が入れる開発の案件は無い!と思ったほうがいいです。

実際に自分が就職した会社では、社員の大半が以下のような案件に入っていました。

  • ヘルプデスク
  • システム保守(夜勤あり)
  • 事務系の仕事

ヘルプデスクや事務仕事は、ほとんどエンジニアとは関係ないです。
(ヘルプデスクでも一部、技術的な内容を扱うケースもあると思いますが、関係ないと思っていた方が無難かも)

この中でも「システム保守」がエンジニアっぽい?と思うかもしれません。

しかし、実際にやる未経験の人に振られる業務は、こんな感じです。

(自分はやったことがないため、当時聞いた内容を記載します。)

システム保守の仕事内容
  • システムに問題が発生していないか監視する。
    • メールやアラートランプ、統合管理ツールなどを使って、システムに問題が発生していないことを監視する。問題が発生するとシステム担当者に電話したり、手順を元に対応したり。問題発生するまでは特にやることがない案件も。

  • エラーが起きたら事前に用意された手順を元に対応する。
    • 手順は誰でも分かるように作成されていることがほとんど。自分で考えて開発したり、作業することは無いです。

  • 案件によっては夜勤がある。
    • 24時間稼働するシステムの保守だと夜勤もある。不規則な勤務体系に耐えられず、体調を崩す人もチラホラ。

このように、未経験に振られる仕事は、誰でもできる仕事であることがほとんどです。

システム保守では、人為的ミスは絶対避けたい。そのため、システム保守を外注するということは、その保守作業を誰でもミスなくできるようにしておく必要があります。そのため、「誰でもできる」っていうのは悪口でもなく、あえてそうなっています。

そうすると「あれ?自分がイメージしていたエンジニアっぽい仕事って無い??」と思う人もいるかも。

まさにその通りで、未経験でSES企業に入ったら、ほとんどの人がこのようにエンジニアとは遠い案件に入ることになります。

なんでSES企業は未経験を採用しているの?

じゃあ、そもそも「なんでSES企業は未経験を採用しているの?」って疑問がでてきます。

やばくないの?って。

SESは、自社の人間をたくさん派遣することで利益を挙げるビジネスです。

そのため、たくさん人を案件に入れることができれば、より大きな利益になります

そして、この派遣先は、必ずしも開発系の案件じゃなくてもいい。

開発系でなければ、未経験でも大丈夫な案件が結構あります

そのため、積極的に採用していたりするのが実情です。

(SES全てが↑のような企業というわけではありませんが、こういった企業が多いです。)

「会社の研修などでスキルを身につければよくない?」と思うかもしれません。

未経験を採用しまくっている会社で教育体制がしっかりしている企業はほとんどないです。

さらに、こういった企業では、スキルがついた人は転職していってしまいます(悪循環)。

そのため、教える側の知識も乏しかったり、そもそも自社に帰ってこない。ということがあります。

※SES企業の社員は自社で働かないので、自社に対する帰属意識も低い。

こういった状況なので、会社の研修などに期待しない方が懸命です。

エンジニアとして働ける案件に入るには?

独学しかないです。

未経験の人にとって、厳しい意見になるかもしれません。

実際に自分も経験しましたが、結局これしかないと今でも思います。

自分は、ITド素人でSI系の公共案件にインフラエンジニア見習いとして入りました。(運良くエンジニアに近い案件に入れた。)

ただ、その時はCCNAの勉強を独学でして、合格できるラインまで持っていきました。(当時お金が無かったので資格取得ができず。。)

そこの熱意を買われ、未経験で参画することができました。

逆説的になってしまいますが、ポートフォリオを用意するのもいいと思います。

※SES企業に入るにはポートフォリオはいらないが、案件に入るためにはポートフォリオが必要。というおかしな順序になりますが。

会社に教えてもおう!

と思っている人は、未経験でSES企業に就職することは絶対避けたほうがいいと思います。

まとめ

  • 未経験でSES企業に就職することは可能。
  • 未経験で入れる案件は、エンジニアと関係ない業務が多い。
  • 入るの簡単。就職してからシンドイ。(結局、独学は必要。)

やっぱり未経験は未経験。。それも自覚した上で、どこかで踏ん張る覚悟がある人のみ就職を考えた方がよさそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました